スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)

紅蓮の旅 番外編 Part4


sb_special_part4_24.png 

進行度:現在のレベル...Lv.70

こんこん:)
紅蓮のリベレータープレイメモ番外編, Part4


(※暗黒騎士ジョブクエストのネタバレがあります)










sb_special_part4_01.png









sb_special_part4_02.png





sb_special_part4_03.png
ミストが喚んだのは……!



sb_special_part4_04.png






sb_special_part4_06.png
だからきみの、その髪は。





sb_special_part4_07.png



sb_special_part4_08.png





sb_special_part4_09.png





sb_special_part4_10.png
















sb_special_part4_11.png



sb_special_part4_12.png




sb_special_part4_13.png



sb_special_part4_14.png








sb_special_part4_15.png
ただいま!



sb_special_part4_16.png
……僕も、シドゥルグの想いのすべては知らない。
それをわかっているから、僕たちは互いに尊敬しあえるんだね。







sb_special_part4_17.png
リエルのこと、ガキだ、ガキだって思ってると、そのうちびっくりするよ!







sb_special_part4_18.png



sb_special_part4_19.png



sb_special_part4_20.png









sb_special_part4_21.png








ブラックナイト
sb_special_part4_22.png



sb_special_part4_23.png
このお話のラストを飾るにふさわしい






sb_special_part4_24.png







sb_special_part4_25.png
ありがとう、でもいまはやめておくよ。すべてが終わったら、また必ず。








sb_special_part4_26.png






つづく。








-----------------------------------------------------










sb_special_part4_27.png
あの頃毎晩通った宿、いつものテーブル


こそっと書き置くひとりの感想を、読みやすいかたちにする必要もないかと思ったので、
自分の言葉でつらつらと。

クライマックスでリエルの言った、別れの痛みの色とは違うかもしれないけど、
ミストに言われた言葉のひとつひとつに重なる記憶、抉られる記憶があって、
本当はとっくにひとりぼっちだと
突き付けられて息が詰まったその瞬間に、
彼が現れてぼろぼろ泣いてしまった。

前へ進もうと、自分であり続けようとすると、
ときに耐えがたいほどの孤独を味わうことになる。
足が動かない思いをすることもある。
だから、救いを知ることができる。痛みを知っているから。

ラストの出会いが嬉しかったな。また泣いてしまいそうになった。
彼らは僕のことを忘れていない。
通り過ぎて行った人だとも、疎遠になったとも、思っていない。
ここはもうひとつの家で、いつだって帰ってきていいんだ。



こうして真っ直ぐな言葉で語るひとたちに出会えて嬉しい。
また、そうした言葉を”紡げるひとたち”がいると知れたことも、
わたしにとっては大きな救いだった。



最初の暗黒騎士のお話を見たのはもう2年前で、
そこから薄れている記憶、こぼれおちているものがたくさんあったから……
『いつか』は、いつまでも来ないと言うけれど、
いつか、また、蒼天のお話をはじまりから終わりまで、
また暗黒騎士を選んで、かみしめたいと思った。
何周でも、セリフすべて思い出せるくらいまで、見られたらいいのにな。
わたしは、言葉が記憶に染み込むまでに時間が要るから。


これからいくつ新しいジョブが増えたとしても、
僕は死ぬまで暗黒騎士でいるよ。


2017/07/01 18:42 紅蓮の旅 TB(-) CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。